まどどブログ

普通の男子大学生が、有名作家になるか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2021.11.08 後回し現象について

2021.11.08

 

 肌というのは、電気でも通っているのではなかろうか。脳は、微弱な電気信号によって意識を形成していると聞く。肌の表面に流れる電気の、電圧であったり、電流であったり、そういうものが噛み合って脳に信号を送る。そうして、人は恋に落ちる。そんなことがあったら、面白いのかもしれない。

 とても眠い昼下がり。ここで寝たら、すべてが詰む。なぜ私は、すべてを溜め込んでしまうのだろう。

 

  • なぜすべてを後回しにするのか

 私は何もかも、後回しにする癖がある。例えば何かタスクがあって、期日がだいぶ先に設定されているとする。私は期日から逆算して、このタスクに取り掛かる日を設定する。そして、その日までは放置し続け、エックス・デイが来たときに、初めて対面する。大抵はその設定した期日では足らず、大変なことになる。これをどうしてもしてしまう。

 当然、これは私だけの話ではないだろう。むしろ、タスクを順序よくこなせる人間など、ほんの一握りではないだろうか。多くの人間は、私のようにする。

 では、これはなぜか。他の人間がどうだかは、知らない。少なくとも私には、一つの確固たる理由がある。それは、タスクに取り掛かったところで、結局期日まで何もしない、という状況を予防するためである。

 私は、嫌なことを絶対にしたくない。それはどんなことでも同じである。その性格上、タスクをさっさとこなす、ということが出来ない。取り掛かる姿勢を見せる。しかし、どうにも身が入らない。期日までこんなに時間があるのだから、とどこかで思ってしまう。そして、ダラダラと、ただ無意味な時間を生成する。その結果、期日間近になって急いで取り掛かる、という状況を招く。そうなってしまうなら、最初から「取り掛からなければならない日」を設定して、それまで完全に忘れ去っていたほうが、幸福度を高めるという意味で良い。故に、このような手法を採っている。

 ただ、この問題点とは、そのエックス・デイの設定を誤る、ということだ。私はどうにも、甘く計算してしまう癖もあるようで、いつも時間が足りなくなっている。それでは困る。どうにかしなければ。

 

 なんと中身のない文章だろう。眠気は大敵である。

 眠い、という現象も、心の問題に出来ないだろうか。