まどどブログ

普通の二十代前半男性が、夢を見るか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.01.16(残75日)

2022.01.16

あと75日

 

 何もかもが下らない。どうでもいい。何の価値もない。どうせ何もかも終わってしまうのだから。何をしようとも、何を成そうとも、死がやってきて、はい、おしまい。すべて奪われる。それに一体、何の価値があろう。

 そういう鬱屈とした日々は必ずやってくる。今はそれである。二度寝すらしてしまう。当然である。生きる活力がないのだから。夢の世界に揺蕩うほうが幸せだ。

 こんなときはどうすべきか。考える余力を奪って仕舞えば良い。タスクである。山積しているタスクを処理する。どうせ価値のないものなのだから、いつやろうと変わらない。タスクが無ければ運動である。タスクを捻出する。こうして、考えない。この世が空しいことなど、もはや自明である。考えれば考えるほど、その結末が揺らぐことは無くなっていくのだから。

 そしてそのうち、霧は晴れる。そういうものである、少なくとも私にとっては。

 

 というわけで、さようなら。