まどどブログ

普通の男子大学生が、有名作家になるか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.03.21(残11日) 労働について② / 勤勞地獄について

2022.03.21

あと11日

 

 鬱々とした日々である。何が労働か。世が労働を許そうとも、私は労働を赦さない。苦しみの果てに往ね。

 

  • 労働と地獄

 ところで「地獄へようこそ」と私を慰めた者が居る。興味深い言葉だ。確かに自身を疎外して漠然とした作業に群がる様は、地獄にて責め苦に喘ぐ罪人の嘆きそのものではないか。なんと諧謔に富んだ息か。矢張り親族とは似るものであった。

 ところで、今昔集にも「賀茂の盛孝」という地獄から救い出された者が居た。今調べた。その者は小僧に救われたようである。その者はそして、生を取り戻した後は三宝に帰依して仏の道に生きたようである。

 さて、私は誰かに救われるか。いや、誰に救いを求めるか。救いをどのように求めるか。どのようにして、救われるか。その答えはもはや明確であろう。

 どうせ灼熱の業務に焼かれるのであるから、折角ならば、威勢よく吐血してしまおう。生は十日も無く終わる。もはや気兼ねすることも、惜しまれるものも何もない。

 終わりだ。