まどどブログ

普通の二十代前半男性が、夢を見るか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.03.24(残8日) 酔狂の果てる先について

2022.03.24

あと8日

 

 やっと一息つく間を与えられた。ここ数日の睡眠時間も私としては悲惨なものである。毎日十二時間睡眠すら、私は望むのだ。

 それにしても。あゝ、余日幾何ぞ。酔狂は終わり、ただ地獄に散るのみ、か。

 

  • 酔狂の終わり

 大学生とは酔狂に似ている。酩酊の中で、殆ど正気を忘れて享楽に浸る。そうでない者も居る。しかし多くの者にとって、大学生活とはアルコホルそのものである。真摯に学術に取り組む者を探し当てるのは難しい。どうでもいい会話に花を咲かせ、どうでもいい酒宴を開き、どうでもいい恋をして、どうでもいい遊びに浸る。何もかも下らない。下らないからこそ、狂い咲く。そういうものだろう。

 もうじき、多くの者が大学生としての演目に幕を下ろす。酔狂は終わる。その罰は、労働という地獄によって贖う。よく出来たものだ。快楽は罪として厳しく裁かれる。苦悩はより鋭い苦悩へと進化する。生きるとは、きっとこのようなものなのだ。