まどどブログ

普通の男子大学生が、有名作家になるか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.05.01 メンタルヘルスについて① / 躁鬱の飼い方について

2022.05.01

 

 五月になってしまった。悲しい。

 

  • 精神を平静に保つ秘訣・五選

 私は長い間、具体的には二年程度、極めて精神的に不安定な日々を過ごしてきた。どうにも気分が安定しないし、頭にもやのかかったようで動かない。何にも手の付かない日々とてある。恐らく、躁鬱なんだと思う。

 無論、精神的に強いストレスを受けてきた、というのもある。しかし、実は些細な日常での心がけによって解消できる。その可能性があるのではないか。そんなふうに、思うようになってきた。

 ここで、私のメンタルヘルスについて五つ、紹介したい。私なりの躁鬱の飼い慣らし方である。あくまで仮説段階ではあるが。

 

 眠いので、今日は二つだけ。

 

  • 一、性的行為はほどほどに

 これは男性に限ったことかもしれない。性的行為は間違いなくエネルギーと活力を奪う。精液に栄養素でも蓄積されているのであろうか。それを放ってしまうと、なぜか途端にエネルギーも消え去ってしまうのだ。

 そして、エネルギーが消え去ると、人間というのは何もする気が起こらなくなる。それを鬱と誤認する。そして長引く。つまり、エネルギー源は逃さないほうが良いのだ。そのほうが活発に生きていられる。少なくとも、気分の浮き沈みを誘発しにくくなる。

 自慰行為はほどほどに。セックスもほどほどに。それで発散する力は、他のことに活かせよう。さすれば快楽もまた、より上質なものとなって帰ってくることであろう。

 

 余談だが、私は性に奔放な人間が羨ましい。毎日毎日飽きもせず、よくせっせと腰を動かせるものだ。日常生活に支障を来さないのであろうか。ああ、私も快楽に溺れて生きてみたいものだった。どうにも、自分だけで満足してしまうタイプなのだ。

 そもそもケモナーだしね。

 

  • 二、睡眠不足はメンタルの敵

 睡眠は必ず十分に摂るべきである。摂るというのは何も誤字ではない。睡眠とは栄養と同じ。不足すれば、健康に支障を来す。特にメンタル面に。

 十分な睡眠とは。それは人に依る。好ましい時間を探すべきであろう。試行錯誤である。一時間ズラして寝てみれば良い。

 ちなみに私は十時間である。ウケる。これでサラリーマンとして生きていけるわけがない。

 

  • 三、気分の波音に耳を傾けよ
  • 四、SNSは薬無き毒
  • 五、帰れ、アナログへ

 これは明日。題名も変えるかも。今適当に考えた。