まどどブログ

普通の男子大学生が、有名作家になるか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.05.08-02 忘れるな

2022.05.08

そのに

 

 この感覚を忘れるな。

 今日この感覚を、忘れるな。

 休日の暮れるこの絶望を、決して忘れるな。

 無為な日々に堕ちていくこの重力を、決して忘れるな。

 暗闇に引き込まれていくこの刹那を。

 誰かの嘲笑を。幕の降りるこの時を。

 

 休日は、予想通り、空しいものであった。イーカロスが蝋の翼で舞い上がったように。私もまた、休日という欺瞞の幸いに目を覆われていたに過ぎなかった。

 イーカロスとは私である。覆いを破られ、暗闇に堕ちて、あとは耐え難い漆黒の中に囚われるのみ。

 休日とは救済である。何を言うか。休日は毒餌でしかない。私を殺す毒。

 

 忘れるな。

 忘れなければ、何をすべきか。それはもはや光明の中に現れる。

 抗え。

 空しさに羽を委ねるべきではない。

 虚の暇に羽を委ねていては、光は閉じるのみ。光は羽を焼く。光は既のところで闇へと変わる。

 抗うしかほかに、道はない。

 欲する休日ですら、私は休むことを許されない。

 おお、愛しい怠惰よ! お前を裏切れ。私はそう、告げられているのだ。なんと苦しいことか。それこそ、羽をもがれるようだ。おお、懐かしの惰眠よ! お前すら、私は虐げなければならないと言うのか。

 そのとおり。

 その通りである。羽を羽と為すには、愛すべき彼らすら、私は傷付けなければならない。同胞を殺める、兵士のように。

 

 忘れてはならない。

 脱しなければ。抜け出さなければ。逃げ出さなければ。

 狭く閉じられた檻は、決して私を逃しはしない。