まどどブログ

普通の男子大学生が、有名作家になるか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.05.17 生き方について⑩ / 日々という星たちについて

2022.05.17

 

 素朴なことを忘れていた。私はこの一ヶ月と少し、何を考えていたんだろう。

 簡単なことだ。私はいま、五日間、ただひたすら耐え忍んでいる。虚無に時間を溶かして、強烈な睡魔と抗い続けて、何の楽しみもなく、何の面白みもなく、何の感動も何の喜びも無く、ただ五日間に耐えている。そして休日を得る。たった二日間の自由を。たった二日間の快楽を。

 それがおかしい。それがおかしいのだ。私は何を考えているんだ。俺はこんな生き方のために、生まれ落ちたとでも言うのか、冗談じゃない。一週間は七日あるんだぞ。そのうち五日を、71%を捨てていいと思っているのか。

 冗談じゃない。人生は短いというのに、その短い人生のさらに71%も、私は捨てるのか。捨てていいと考えるのか。そんなはずないだろう。

 一週間は七日だ。七日は七日、すべて輝いていなければならない。七日とも、満天の星空に浮かぶ一つ一つの星たちでなければならない。人生は短いんだから。無駄に消費されていい日なんて一日もない。星たちがそれ単体で美しいように、一日一日、美しくなければ。

 中高時代のように。

 

 こんな簡単なことを私は忘れていた。いや、労働をあまりに憎むあまり、労働を念頭に置いて議論を進めていたのだ。私の悪い癖だ。敵を見つけると、その敵を徹底的に糾弾したくてたまらない。そして足元がおろそかになる。

 簡単じゃないか。五日間を犠牲にするな。すべての日々は、独立して生きていていいんだ。

 

 あゝ、考えれば考えるほどサラリーマンの私という像は遠ざかっていく。

 そもそも移住でもすべきかしら。いや、でも人間嫌いに地方暮らしなんて成り立つのかしら。

 難しい。