まどどブログ

普通の男子大学生が、有名作家になるか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.05.21 旅行と内外について

2022.05.21

 

 私は幸いだ。こうして、このブログを毎日記すことが出来るのだから。

 夢もなく希望もなく、ただ日々を消費していく。このブログがなければ、私の人生はきっとそうなっていた。私の救いはどこにもなかった。家族にも友人にも、誰にも、どこにも。

 だから幸いだ。私には救いがあるのだから。

 

  • 旅行

 私は旅行が好きである。色々なところを巡って、色々なものを見て。色々なものを聴いて、色々なものに触れて。色々な、新しいものを私の中に取り込んでいく。あるいは等しく対話する。あるいは、ただ傍観者として、温かく見守る。そうして、新しいものと、自分との中に接点を持っていく。そういう旅行が、何よりも好きだ。

 以前、私は旅行を「現実逃避」と定義づけたが、それは全く正しいと言えない。旅行とは現実逃避ではない。あらたな現実を得る行為なのだ。決して逃れているのではない。自分の現実を拡張しているに過ぎない。

 

  • 心の旅を!

 ところで、旅行には外的なものと内的なもの、その二つが存在する。前者は、一般的に広く知られている「旅行」である。肉体の旅、と言い換えても良いであろう。文字通り、自身の肉体を運ばせて、肉体的な感覚を以て様々な事物と接続していくものである。

 では後者は? 後者は、心の旅である。小説や物語。漫画。絵画。音楽。何でも良い。そういう作品を訪ね、触れる。あるいは心そのものを旅しても良い。目を閉じて、自分の内側の世界を闊歩する。そうして、心を通して旅をする。家から出る必要もない。自宅で良い。自宅にいながら、旅をするのだ。

 どちらも旅行だ。私の愛する旅行。現実を推し進めるのだ。

 この数年間、私は後者にも目を向けている。

 

 それだけ。