まどどブログ

普通の男子大学生が、有名作家になるか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.06.29

2022.06.29

 

 睡魔の侵略を受けると、脳は痺れて思考が繋がらなくなるし、目はうつろになり、焦点が徐々に外れていく。こうなると、もう書きたいものは書けなくなってしまう。その結果として、このような自分語りが蔓延る。

 

 それでも書くことが思い浮かばない。厳密に言えば、テーマは既に積み重なっているものの、それを適切に表現する言葉が思い当たらない。

 ああ、眠い。ずっと眠っていたい。死ではなく、あくまで生の眠りを続けていたい。

 

 そもそも私は労働に向かない。それを証明するために、どうすべきか。考え続けている。

 

 ああ、駄目だ。文字が潰れて見える。古代文字のように、判別のつかないものへと、変貌を遂げている。私が今見ている画面は、黒くて起伏の有る線が上下に揺れているさまである。

 

 終わりだ、何もかも。 

 ^^