まどどブログ

普通の男子大学生が、有名作家になるか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.07.06 普通の人生について

2022.07.06


普通に生きてみたかった。

普通に生きてみたかったのだ、ほんとうは。普通に働いて、普通に恋をして、普通に結婚して、普通に家庭を築く。いつの日か子供ができて、孫ができて、孫の成長を見ながら、普通に生きて、普通に死ぬ。

家族。孫。妻。出世。そういう、ありきたりで平凡な普通の生活。さりげない幸いに満ちた人生。私も、普通に生きてみたかった。

叶わない。もはや不可能なのだ。これまでの生育環境からして「普通」に対する価値観は歪んでしまっているし、それに何より、あまりに孤独が長すぎた。もはや人に頼ること、人と共にいること、それそのものを忘れてしまった。働くことも、単なる拷問に思えてならない。私はここにいるべきではない、そんなことを思ってしまう。私の居場所など、どこにもないのに。

残念だ。もう私は普通に戻れない。少なくとも、生まれた時点で普通からの離脱は決定付けられている。普通でない者、そして何ら価値のない者が現代において進む道は、たった一つしかない。破滅である。

恐らく、私の嘆きを聞くものの大半が思うだろう。「この者はいつ決断をするのか」と。「いつ嘆きから逃れるのであろうか」と。答えよう。その時はまさに迫っている。

私は辞世を作ってしまったのだから。