まどどブログ

普通の男子大学生が、有名作家になるか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.09.06 「生きているだけで儲けもの」という嘘について

2022.09.06

 

  • 生きているだけで儲けもの、という嘘

 「生きているだけで儲けものだ」なんて台詞を、よくSNSの上で見かける。これほど人の欺かれる嘘を私は見たことがない。私はこの嘘を糾弾するため、パソコンに向き合っているようなものである。

 ところで私はアジテーターを志しているので、嘘、という表現を用いた。厳密には「正しいと判断できない」という表現に留まる。生きているだけで儲けものである、とは言えない。何故か。儲け物とは「思いがけなく得た利益」であることを考えれば、生きていることは思いがけなく得た利益である、と断言できないから。

 確かに、我々の生は「思いがけなく得た」ものである。誕生は我々の意思で決定できるものではない。現実的には親の意向、霊的には神々の意向によって、我々はこの世に生を受ける。我々の意思はそこに介在しないし、そもそも生を受ける前には我々の意思など存在し得ないのだから、我々の意思が介在する余地すら無い。

 しかし、我々の生が我々にとって「利益」であるかは、一切定かではない。我々の意思によって生を受けたわけではないのだから。我々が求めて受けたわけではないので、それが我々の利益であるかどうかなど、我々には知る由もない。少なくとも、我々の誕生は両親、ないし神々の利益であり、我々の利益とは合致し得ない。

 故に「生きているだけで儲けもの」という仮説は棄却される。利益であると言い切る証拠に乏しいから。

 

 なお、同様に「生きているだけで丸儲け」とは言えない。むしろ、これは完全に否定される。生によって得た収入がすべて利益となることなど有り得ないから。