まどどブログ

普通の二十代前半男性が、夢を見るか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.09.28 私版・Twitterマニュアルについて

2022.09.28

 

私版・Twitterマニュアル

 私はTwitterを愛する。そして愛するがあまり、毒されることも、害されることも多々ある。とりわけこの一年、労働への嘔吐感から逃れるために、私はTwitterの中で生きていた。そしてそれがどれほど無為で虚しいことか知った。

 そこで私は、愛おしきTwitterとの接し方を自らに求めた。マニュアルを作成したのだ。どうせなら、多くの人とも共有したい。今日はそんな思いで、この記事を記す。

 なお、ここでは「自分のために広くTwitterを使用する人」を念頭に記事を書いている。Twitterを世界に繋がる情報収集ツールとして認識し、自身の趣味や情報収集のために使用する人を考えている。

 Twitter上で交友関係を深める、という類のマニュアルではない。そのような経験は無い。

 

 

一、Twitterは基本見るな

 そもそもTwitterは無為なツールである。これを見ていたところで、自分のためになるようなものは少ない。だから、基本は見ないようにすべきである。

 見るとしても、一日三十分を限度にしたほうがいい。それ以上は明らかに無駄である。寝ていたほうがまだ生産的と言える。

 

一、政治は完全にブロック

 では、実際にTwitterを開こう。まず行うべきことはこれだ。政治に関わることは不幸であり、また同様にして政治に対して真剣に向き合うことも不幸を呼ぶ。そして、政治に関わっている人間の多くは——少なくとも日本において——狂っている。狂っている人間とは接点を持つべきではない。自身まで穢されてしまう。

 というわけで、政治思想を持つ者は全員ブロックしなければならない。右も左も関係ない。全員ブロック。徹底してブロック。自民党も野党もオール沖縄もブロック。ブロック。ブロック。漏れなく全員ブロックしなければならない。こうして、アベ政治を許さない人は私のタイムラインに許されない。

 もちろん、政治をネタにしている人間までブロックする必要はない。彼らは政治で遊んでいるのであって、政治そのものに興味を持っているわけではない。安倍晋三肖像画を永遠に貼っているものはブロックされない。ところが安倍晋三を礼賛する者と批判する者は全員、ブロックされなければならない。彼らは政治に対峙し、結果として政治に遊ばれているのだ。政治に遊ばれている者は皆、不幸である。自身の生を失っている。

 最近であれば国葬か。国葬がどうであろうと、別にどうでもいいのにね。そんなどうでもいいことに首を突っ込まなければ気が済まない人を見ていても、何の生産性も無い。

 

一、検索機能は使うな——趣味と、リアルタイム情報を除いて。

 Twitterには検索機能というものがある。ワードを入力して検索すれば、それに関連するつぶやきを総覧できるものである。これは便利な場合と、そうでない場合がある。

 

検索機能の便利な場面①:趣味

 便利な場面は二つある。一つは、趣味に使用する場合である。

 カービィ新作の遊び方にはこういうのがあるとか、好きなジャンルの絵にこんな新作が上がっているとか、推しは今こうしているとか。こういうふうに趣味で色々と調べ、その情報を仕入れ、また共感を募らせるのには非常に便利である。それに、このような趣味のことであれば、皆それぞれ趣味の中で愉快に発狂しており、ヘイトも限りなく少ないので、自身が不快な思いをすることは少ない*1

 

検索機能の便利な場面②:リアルタイム情報の入手

 そしてもう一つは、リアルタイム情報の入手である。例えばウクライナの戦況が現状どうであるとか、待機列の最後尾がどこにいるかとか、台風の現況はどうかとか。こういうリアルタイムで更新される——つまり調べても出てこないような——状況について調べるのに、Twitterは向いている。

 ただし、これには趣味での使用以上にフェイクやヘイトなどが多く紛れている。リアルタイム情報の入手については、信頼性の高いアカウントのみ参照することが望ましい。なおここで言う「信頼性の高いアカウント」というのは「専門家など、その道に精通している者のアカウント」という意味であり、決して「フォロワーの多いアカウント」ではない。少なくともひろゆきを真に受けてはならない。

 なお、「専門家」の篩い分けについては、bioでもある程度推察できる。ただし、肩書きを盾に悪意を持ってフェイクを撒き散らす人間も稀に居るので、出来るだけ

・一般的なメディアへの登場が多い

・文章が理路整然としている

・他者を攻撃していない

のいずれかを満たすアカウントを選ぶことが好ましい。

 

検索機能は使うな

 以上の他に検索機能を使用するのはオススメしない。Googleで調べて、一般的なメディアにアクセスことをオススメする。何故か。そもそもTwitterの情報は信頼性が低いから。

 Twitter上の情報には、フェイクやヘイトが平然と紛れている。さらに素人や無教養な者も多く、情報に対する考察の質も極めて低い。一方で、一般的なメディアでは伝統的にファクトチェックが徹底されており、情報が誤っていることはTwitter上のものに比べれば少ない*2。また専門的知識を十分に持った者が多く居る(全員ではない)ので、記事の質も自ずと高いものとなる。

 趣味のことか、リアルタイムの情報でも無い限り、基本はGoogleで調べ、一般的なメディアを参照するのが良かろう。ただし社説は読まないほうが良い。社説はTwitterに等しい。

 

一、楽しむためだけに使う

 Twitterは誰でも参加できるコミュニティーなので、魑魅魍魎が跋扈する。自身と相対する価値観を持っている人はたくさん居る。それどころか、倫理観の破綻した人も多く居る。それに対して文句を言いたくなることもなるだろう。

 しかしそれは避けるべきである。楽しくないから。そういう相手は放置しておけば良い。そういう人間はどうせ、現実世界で哀しい生活を送っているのだ。むしろ憐れみを持って無視し、現実世界を思い出してもらい、戻っていただくのが良い。

 もちろん、これで自身に被害が及んでいるのであれば話は別で、戦うべきである。しかしそのときも、極力直接対決するのは避けたほうが良い。誹謗中傷や風評被害であれば法的措置を講じることも出来る。あるいは、引用ツイートという形で取り上げ、フォロワーにボコボコにしてもらうことも出来る。あくまで自身はなるべく触れないようにしたほうが良い。楽しくないどころか、そんな汚いものに触れたら爛れてしまうかもしれない。

 とにかく、自身が楽しくないことは避けたほうがいい。どうせ世界には哀しい人が多く居る。そういう人は哀しいまま生を終える。Twitterはただ、そのような人間が可視化されたに過ぎず、自分がそうであるということには繋がらない。そして、自身はそうなってはならない。自分は楽しいまま、生きるのが良い。

 なので、魑魅魍魎は全員無視する。絡まれたらブロックする。害が出たら、なるべく触らず駆除する。そうしてTwitterを自身の好みに合わせてカスタマイズし、綺麗なタイムラインだけを楽しむ。

 それが大事である。

 

 マニュアルと言いながら冗長な文章の羅列になってしまった。反省しなければならない。

 疲れたので、ここで終える。何かあれば追記する。

*1:BTSにヘイトを喚く愚か者も居るような世界なので、絶対に安全とも限らない。なるべく専門的なワード、つまり部外者が知らないようなワードで検索することをオススメする。

*2:権威主義国家のメディアや強い政治的意図を持つメディアでは、情報の誤りが無くとも、情報の偏りが著しいことは頻繁にある。個人的には、 NHK, BBC, CNN をオススメする。この三者は比較的そのような傾向が少ない気がする。朝日新聞日本経済新聞も質は高いと思うが、稀にとんでもない記事を書く。