まどどブログ

普通の二十代前半男性が、夢を見るか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.10.17 季節と音楽について

2022.10.17

 

  • 季節で色付く音楽たち

 季節はあらゆるものを変化させる。気候も太陽も葉も海も、すべて変化させる。その一つに、音楽がある。

 例えば春や夏に聴く音楽は、どこかアップテンポの、高揚するようなものが相応しい。それは春や夏が、隆盛の季節であるから。太陽が地を力強く温め、動植物が賑わいを見せているのだから、音楽も当然、力強く、賑わいのあるものが相応しい。よって春や夏にはEDMやHardstyle、そしてポップ音楽が流行する。

 一方で、秋や冬に聴く音楽は、どこかダウンテンポの、穏やかな眠りへと誘うようなものが相応しい。それは秋や冬が、衰勢の季節であるから。太陽の力は日に日に衰えていき、動植物はどこかへと消えてしまい、葉は色づき、落とされ、やがて静寂のみが世界を包む。そのような季節であるのだから、音楽も当然、消えてしまうような、落ちてしまうような、静寂で平穏に満ちた音楽が相応しい。よって秋や冬には、ジャズやボサノバ、クラシック、そして賛美歌が流行する。

 

 先人はこれを調子で示していたようだが、我々は幸いである。

 旋律についても勉強しなければならない。なぜ、雅楽において季節の調子はあのように定まっていたのか?