まどどブログ

普通の二十代前半男性が、夢を見るか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2022.11.06 死と自由について

2022.11.06

 

  • 死:救済であり陵辱

 人生において、すべてを終了させる方法が一つだけある。どのような悪い状況も簡単に覆し、すべて無かったことにしてしまう、とっておきの方法がこの世には一つだけある。それは何か?

 死である。死は良いことにも悪いことにも平等に働く。死は究極の救済であり、そして究極の陵辱である。

 

  • 生を見据えて死んでいく

 さて人間は自身の行動に一定の制限を課す。例えば人間は自分のやりたいこと、望むことを制限してでも働く。あるいは家族のため、パートナーのため、自身の望みを捨てることもある。それは何故か。

 それは生きるから。生を持続させるために、人間は自らの祈りをある程度捨てるのだ。つまり、人間は持続する生を見ているからこそ、自由から逃げる。

 しかし、このような生き方をしていたら、地震が来てしまって、自身の住まう建物が音を立てて崩れ去ってしまった。このとき、貴方は悔やまず死を受け入れられるだろうか?

 私にとって、これは極めて興味深い問いである。生を見据えていれば自由は奪われる。しかし自由を見据えていたところで、死は一向に訪れないかもしれない。さて、人間はどう在るべきか。

 何が言いたいか。私は再び、悩んでいる。もっと自由に生きても良いのだろうか?