まどどブログ

普通の二十代前半男性が、夢を見るか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2023.01.15(残350日) 日本人の特技と素朴な疑問について

2023.01.15(残350日)

 

 

  • 日本人の特技:なかったことにする

 思うに、日本人は「なかったことにする」のが地球上の民族の中で群を抜いて得意であるように思う。歴史的にもこれは言えよう。反逆者の息子たる源頼朝が生かされたこと。一揆——政府に対する反乱が起こっても首領だけ殺して終わらせること。太平洋戦争時の悲惨な国家運営。そしてアメリカに対する完全な追従。

 とりわけアメリカへの高い好感は、事実だけ羅列すれば不思議なものである。いくら宣戦布告もなしに戦争を吹っかけたとは言え、仮にもアメリカは我が国にとって原爆で大量の市民を虐殺し、数年間に渡って占領しおおせた国家である。そんな国家に対する評価がたったの数年で一変し、かの国の悪事は完全に忘れられるか今の我々に一切関係ない事象とされ、何だか戦争はしたけれど親しみやすい国家として今日に至るまで見られている。おかしいだろう。アフガニスタンイラクではそうなっていないはずだ。大義名分の問題だろうか。

 無論具体的に検証をしたわけではないし、反例もあるのかもしれないが、基本的に日本人は「なかったことにする」のが大好きである、と考えても良さそうだ。そういえば、日本ではパワハラやセクハラを訴えても、会社の内々でなあなあにして解決しようとする傾向もある。日本人は良くも悪くも「和」を尊ぶのかもしれない。

 

  • 「なかったことにする」風潮に逆らったらどうなる?

 ここで私は思った。その「なかったことにする」風潮に逆らった場合、どうなるのか。例えば皆が妥協してしまおうとしているところを一人声高に主張していたら、どのようになるのか。皆「なかったことにする」のを優先させてその者の主張が通りやすくなるのだろうか。それとも、「なかったことにする」傾向への反逆者として徹底的に弾圧されるのだろうか。

 興味深いことだ。今後、少し検討してみたい。