まどどブログ

普通の二十代前半男性が、夢を見るか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2023.12.04(残27日) 今後について

2023.12.04(残27日)

 

 十二月、及び一年、残り27日。

 

●grace

 このブログについて、毎日書くのはやめた。何故か。

 飽きたから。

 コロナに罹患して執筆どころの騒ぎではなくなってしまったことも一つの要因であるが、それ以上に、私にとって、枷のある状態というのは罰なのである。

 私は開拓民なのである。法も人もなく、ただ原野だけが私の前に在る。どこに生きようが、どうやって死のうが私の自由であり、そして私の責任である。それが私の望む生き方であるか、少なくとも、先祖の生き方である。

 そんなことはどうでもいい。書くようなことがあれば自ずと書くであろうし、なければ書かないであろう。それだけだ。

 そしてこれは、すべてに当てはまる。為されるべきことは誰が何を思おうとも為される。為されないことは誰の命が賭されようとも為されない。すべては摂理の中で流れるのみ。夢も希望も、同様に。

 そもそも夢とはなんと皮肉な表現であろう。夢とは醒めるものである。正夢を見ていたときにしか、夢は実現しないのだ。そして正夢とは単なる偶然であり、後付けである。

 現実は泡沫でしかない。それを悟ったから私は、このブログを習慣としない。そもそも習慣など無い。必然か否か――それだけだ。

 

 知らないことがあるというのは恐ろしい。暗闇を歩いているような気分になる。

 故に私は本を読む。

 筋を通すということ。誰かの未来となること――私は星に強い憧れを抱く。

 故に私は星を望む。

 ときおり、私の肉体は私の世界に移る。

 故に私はこうして記している。

 そして、ネタも人も探しに行くようなものではない。待っているものだ。

 それだけ覚えておけば足るだろう。あとはなるようになる。