まどどブログ

普通の二十代前半男性が、夢を見るか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2024.01.18(残348日) 呪い

2024.01.18(残348日)

 

 一月、31日のうち18日の経過。残り13日。42.0%。

 一年、365日のうち18日の経過。残り347日。95.07%。

 

 恐らく、今日ここに書くことは一生破ることの出来ない呪いとなるだろう。

 

●呪い

 先日、私は創作について人間をやめることと定義付けた。

 では人間をやめて、私は何になるのか?

 道具である。

 目的を達するための道具として、私という肉体を用いる。私の保全、私の未来、私の健康――すべてを諦め、すべてを目的のための道具と化す。私は私としての生を捨て、道具としての生に全うする。

 喉が潰れようとも、白昼に倒れようとも、血管が千切れてしまおうとも、どうなろうともかまわない。目的が達されるならば、その可能性が少しでもあるのならば。もう私は私でなくていい。私としての生はもう充分だ。

 

 では目的とは何か。私は何のための道具となるのか。

 オオカミのための。

 絶望した者たちのための。

 苦しみ悲しみ、それでもなお生きようともがく者のための。

 日本に限らない。世界中にはきっと、いるはずだ。親に裏切られ、恋すらも叶わず、友にすら見放され、誰一人、誰一人として寄り添う者も、慕う者も、夢も、未来も、希望すら失って、生きている者たちが。自分自身さえも裏切って、もはや自分が誰だかすらも見えない、そんな者たち。私だけではないはずであるし、実際そうだ。世の中はつながればつながるほど、絶望に溢れかえっている。

 どこに行けばいいのかわからない。どうすればいいのかわからない。それでも明日を歩いていく――

 馬鹿にしているのか。そんなもんじゃない。絶望した者というのは――生きている意味がわからない。明日の意味がわからない。自分がここにいる必要性を感じない。苦しいのに、悲しいのに、どうしても死ぬことが出来ないから、死ぬことすら思えなくなって、死ぬという救いすら禁じられて、なお毎日を過ごしている人々だ。貧富の差など、ここには関係ない。皆逃げたがっている。それでも逃げられない。どこにも行けない。世界は閉じられている。どこへ行っても、インターネットがどれほど普及しても、みな孤独に苛まれている。

 それでもみな、生きている。

 私はすべてを諦めてしまった。夢も恋も友も、人にも。もうどうだっていい。私の孤独は固く凍って、そのまま深く閉ざされてしまった。溶け出すことはもう二度とないだろう。すべてが叶わず、すべて裏切られ、すべてすれ違って、いったいどうして私は諦めずに生きていられようか。死ぬか捨てるか――絶望の果てに待つ道はこの他にない。

 それでもまだ、みな生きている。諦めてない者が在る。それなら私は救いたい。私は誰かの役に立ってこそ、私であるらしいのだ。そこに私が無かったとしても――それでも私は構わない。

 私が救う必要など無いのかもしれない。同じことは既にBTSが試みている。Agust Dは私よりももっと苛烈な体験をしている。

 でも、もし誰かを救うことができるのなら。

 苦しみの中で必死にもがく人がいるのなら。

 オオカミたちが守れるのなら。

 潰されそうになっているものたちを救えるのなら。

 達されなかったとしても、ほんの僅かだけでも、その可能性があるのなら。

 私は残りの人生を、その可能性に賭けたい。

 

 つまり呪いとは、このようなものである。

 苦しみ藻掻く者を、そしてオオカミを救う。その可能性に――私は私を捧げたい。

 

 

●実際上の問題

 どう救うか。救いとは何か。

 救いとは、精神的支柱、つまり生きる意義を、取り戻させることである。

 もはや慰めなど救いにならない。上を向いて歩こう、明日を生きていこう、Hold The Line――それでは理想論でしかない。何の救いでもない。実際、Aviciiは死んでしまったではないか。

 理想論で人は救えない。人を救うのはいつだって怒りであり、憎しみであり、そして諦めである。人間は自身を守り、同時に執着を捨ててこそ、真に救われることができる。

 否定、挑発、狂気――ありとあらゆる手法を用いて、彼に思い起こさせる。

 憤怒を。敵を。自らをここに追いやった者への憎しみを。

 同時に死を。執着の終点を。

 そして、生を。

 そして救うということは直感的に為されなければならない。理論ではなく直感において為されるからこそ、彼は意図せずして、つまり潜在意識として、救われるのである。

 人間の直感に訴えるものとは五感である。視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚。より広範に届けるのに、後者三つはあまりに近接的で難しい。前者二つを用いるのがよかろう。

 芸術である。また理性を用いてはならないので、抽象的なものは相応しからぬといえよう。例えば彫刻、書籍など。そもそも両者の両立が求められる。

 両立し、かつ、理性を用いない、思考なくして体得され得る者は?

 映画、漫画、音楽、演説、実践。

 心理学、デマゴーグ、煽動、宗教――この手法が参考になろう。

 なりふりかまってはいられない。心を殺したまま生きる者、抑圧の下にある者、オオカミたち、これを私はなんとしても助けたい。少なくとも、その可能性に賭ける。

 これが呪いだ。