まどどブログ

普通の二十代前半男性が、夢を見るか、破滅するか。そんな人生ドキドキギャンブルの行く末を提供しています。

2023.02.07(残327日) 頭の冴えるとき、冴えないときについて

2023.02.07(残327日)

 

 

  • どういうときに頭は冴えるの?

 少なくとも私においてではあるが、創作というのは頭の冴え渡っているとき、そうでないときがある。冴え渡っているときには考えるまでもなく——嘘じゃない、本当に思考されていないのだ——その白紙に書かれるべきであったろう言葉や構図が躊躇なく私の脳裏から滝のように溢れ出て流れ落ちる。一方冴えていないときは何を書いても陳腐で平凡で卑しいものばかり生産されて仕方がない。冴えているとき、そうでないとき、その差は歴然としていて同化されることを知らない。同一人物が私であるとは思えないほどに。

 では、それは何によって規定されるのか。冴えているとき、冴えていないとき、それは一体何によって分かたれているのか。今日はそれについて考えたい。

 

  • 睡眠のおかげ?

 第一に睡眠時間である。長すぎても短すぎてもいけない。基本的に九時間睡眠が最も望ましい。あるいは夜更かししてはならず、午前一時までに寝なければならない。これが満たされなければ少なくとも頭の冴え渡るときは決して訪れない。

 が、これはあくまで必要条件であって条件ではない。睡眠時間が充足していたとしても頭の冴えない日はある。では、他に一体何が規定するのだろうか?

 

  • 炎のおかげ?

 正直分からない。判然としない。そもそも創作に長らく携わってきた人種ではないので、現状研究段階にある、というのが正しい認識であろう。が、一つ思うところがあった。

 それは炎である。炎、としか表現しようがない。頭の冴え渡っているとき、それは明らかに身体の中に炎を宿しているときである。炎が高く燃え上がっていればいるほど頭はどこまでも冴え渡り、思考なしのアウトプットを可能とする。反面、アウトプットが平凡の病に苛まれるときというのは大概、その炎が燻って沈んでいる。

 ではどうすればよいか。炎を奮い立たせれば良い。炎にくべる燃料はそれこそ、心を突き動かされた作品の数々である。それを定期的に体内に取り込むのだ。それによって炎は燃料を得、燃ゆるところを得、そして最終的に身体を得ることだろう。

2023.02.06(残328日) 昨今のTwitterについて

2023.02.06(残328日)

 

  • Twitterの現状:正しい利潤追求

 Twitterがいま、大変な騒ぎとなっている。API有料化、大量凍結騒ぎ、などなど、既存のTwitterという機構は徐々に崩壊し、新しい機構へと移行している。あるいは、Twitterそのものの終焉が近づいているのかも。

 が、実際のところ、これは驚くべきことでも何でも無い。むしろ営利企業としては正しい行動であるとも言える。Twitterは基本的に赤字である。そもそもビジネスとして不健全であるのを、イーロン・マスクが何とかビジネスとして成立させようとしているに他ならない。利潤追求の形としてはむしろ典型的なものである。

 

 ただ、あくまで一ユーザーとしては、これも成功するか否か、疑わしく思えてくる。

 Twitterとは思うに、インターネット上落書である。皆が皆、好き勝手に呟くからこそ、Twitterというのはこれほどまでに巨大プラットフォームとして成立を見たのである。ここであらゆるものが有料化され、かつ凍結されてしまったら、一体どうなるだろうか。落書でしかないTwitterに付加価値を見出す層が一体どれほど居るのだろうか。私には想像できない。

 他の代替プラットフォームを駆逐したので保たれる、とイーロン・マスクは考えているのかもしれない。確かにその通りで、Twitterユーザー、特に日本人はTwitterの他に広範な情報発信ツールを持っていない。なので逃げ場がない。流れとして、このままTwitterを用い続けるのかもしれない。

 が、どうだろうか。もし他に優れたツールが開発されたら、Twitterはどうなるのだろう。私には分からない。

 

 このように考えれば、利潤追求の形としてTwitterはあまりに似つかわしくない。

 むしろあれほどビジネスとして成立していないのが明らかであったのだから、早々に寄附金スタイルに移行すべきであった。落書プラットフォームでしかないのだから、むしろそれを逆手に取って、利用者と運営者との意識を一体化すべきであった。Wikipediaのように。

 今更言っても遅いけど。

2023.02.05(残329日) 平和について② / 平和を維持する方策について

2023.02.05(残329日)

 

 

  • 昨日のおさらい

 昨日はこのように述べた。

 国家とは群れである。

 国家という群れを導く者とは権力者である。

 権力者とは残虐である。

 故に国家という群れには、多少なりとも残虐という性質が付与される。

 このことを考えれば、平和が維持されているのは何も人類普遍の価値観によるものではなく、ただ国家の妥協の産物であると判断すべきである。群れの利益となれば、群れのリーダーは速やかに戦争を求めるであろう。

 

  • 平和を維持する方策

 しかし我々は平和を維持しなければならない。残虐そのものである国家を前にしてもなお、我々は平和のままで生を終えなければならない。平和の他に尊いものなど何もない。では、どうすれば?

 国家とは残虐である。残虐なものに善性を求めるのはトマトに牛肉を見出すのと同じように愚かしい。むしろ、残虐な相手には残虐な手段を以て対抗しなければならない。その残虐性が発揮されないようにしなければならない。例えば外交圧力。例えば軍事力。そのようにして、戦争を引き起こすことが相手にとって多大なるデメリットとなるようにしなければならない。

 繰り返すが、国家とは権力者という残虐によって指導される群れである。そのような群れに善性は無い。残虐なものに善性や理念を求めてはならない。残虐なものに相対するのは力のみ。

2023.02.04(残330日) 平和について① / 国家という群れと協調外交について

2023.02.04(残330日)

 

 

  • 平和を維持する協調外交?

 平和こそ重要だ。故に協調外交を進めなければならない。このように主張する者が居る。

 前者に疑う余地はない。平和を壊そうとする者は万死に値する。平和は何よりも重要かつ崇高なものである。これを疑う者は資本家だけだ。資本家に人間性は存在しない。

 が、前者から後者は明らかに論理的に飛躍している。少なくとも、論理的な接続がみられない。何故か。

 

  • 国家とは群れである

 そもそも国家とは何か。

 国家とは群れである。群れる習性を持つ人間が、同時に併せ持つ複雑な思考という動物的特性を活用した結果、地球上類を見ないほど巨大に成長した群れ。それこそ国家である。それ以上でもそれ以下でもない。

 

  • 権力者とは残虐である

 では、この群れを統制し駆り立てる存在は何か。それは政治家である。政治家とは国家という長大な群れのリーダー集団である。

 そのリーダー集団の中でも、実権を握った者、即ち権力者こそ、最終的に群れの方向性を決定する。

 そして実権を握るか否か決定するのは、基本的に実力である。血筋によって実権が決定する時代は終わった。いや、昔からそんな時代はない。いくら血筋が正しかろうとも、兄弟間、親族間、その中で最終的な権力者を決定するのは、結局、実力である。

 現代において、その傾向はさらに強化されている。日本にせよロシアにせよ中国にせよ韓国にせよ、権謀術数、智謀に満ちた者が権力闘争——それこそ闘争である!——を勝ち抜いて実権を手にする。

 つまり権力者というのは実力によって闘争を勝ち抜いた者のことを差す。この意味で、権力者は残虐である。残虐でなければならない。残虐でなければ、彼らは闘争を勝ち抜くことなど出来ない。いや、そもそも勝ち抜くことを考えすらしないだろう。権力者はその性質として、必ず残虐である。むしろ権力者こそ残虐とするべきである。

 

  • 国家とは残虐である

 さて、権力者は国家という群れのリーダーであるので、必ず群れの進むべき道に影響を及ぼす。ではこのとき、国家はどのような方向性に定まるだろうか。

 もちろん、残虐に。残虐そのものである権力者が群れの頂点であるのだから、その群れは当然、残虐性から逃れることなど出来ない。直接民主主義を採用でもしていない限り、群れの進むべき道は権力者の影響なしに決定されない。必ず権力者の意向が入る。そして権力者は残虐である。故に進むべき道も結果として残虐となる。

 

  • 平和の成立は協調外交によるものか?

 この意味で、平和は人類不変の信条によって成立しているのではない。残虐な国家の残虐な打算の末に、平和は在る。

 仮に現状で平和が保たれているとしても、それは残虐な思考——人道など一切考慮されていない、極めて冷酷な合理性に基づく国益の観点で、平和が有益であるから、に他ならない。国家とは基本的に残虐なので、国益上戦争が有利であるとすれば速やかに戦争へと傾く。そこには人道的価値観も普遍的な平和への欲求も一つもない。ただ、国益だけが絡んでくる。残虐な指導者によって導かれた群れの、残虐な利益が。

 この意味で、協調外交は平和を保証しない。協調して戦争を回避し続けていたとしても、残虐な権力者によって導かれた群れはいつ戦争を求めるか分からない。協調外交こそ平和の要であると信ずる者はきっと、蛮勇に満ちたヒグマ*1を前にして丸腰で語らったとしても喰われない。そう思っているのだろう。

 蛮勇のヒグマと権力者との間に何ら変わりはない。両者とも闘争を求めたのだから。

*1:誤解されがちだが、ヒグマの全個体が人間に挑戦的であるわけではない。人間を襲う個体には襲うだけの独自の理由がある。人間と一切接触しないヒグマとて在るのだ。木を見て森を見たような口を利くのは愚かしい限りである。そもそも、仮にヒグマが必ず人間を襲うのであれば、ヒグマはとうの昔に絶滅させられているはずだ。少し考えれば分かることに何故気づかないのだろう。脳が無いのか?

2023.02.03(残331日) 藤井風について

2023.02.03(331日)

 

  • 藤井風:ほんとうの詩人

 藤井風が宗教二世であり、楽曲の中にその教義をふんだんに盛り込んでいることは、既に周知の事実であろう。これを以て藤井風を糾弾する者すらある。

 が、私はむしろこの事実を耳にして、藤井風に対する評価が突如として高まった。私は負けた。彼に。彼の練り上げた歌詞を下らない恋模様であると思っていたら、本当は宗教の教義であったのだ。この感動たるや。彼は表面上大衆受けするような言葉で、彼のほんとうの心を歌っていたのだ。

 これを人は詩と謂う。むしろ詩とは、彼のようでなければならない。最近の邦楽にありがちな、文字以上の何も読み取れないようなものであってはならない。

 そもそも。音楽とは何か。音楽とは信仰の告白でもある。古来、人は信仰を歌っていた。この点において、彼の行為は音楽の原点に立ち返ったものであるとすら評価できる。古典的な音楽を現代音楽の文脈に落とし込む。これをどうして、人は糾弾できるだろう?

 

  • 藤井風の放つメッセージは危険か?

 そもそも何かしらのメッセージを盛り込むのが危険な行為である。そういう指摘もあろう。

 が、そのように言うものは恐らく藤井風の楽曲を聴いたことがないか、単に学が無いか、その両者であると思われる。藤井風の盛り込んだメッセージは、古来多くのところで語られている。そこに危険性などない。

 彼の述べていることはつまり「汝自身を知れ」というものである。汝を知れ。このワードを知らない者は居ないだろう。古代ギリシアから語られている一種の理念を、藤井風は彼の信ずるものを通して現代に落とし込んだに過ぎない。それを以て危険と判断するのは非常に難しい。危険と判断するものというのは、藤井風のメッセージを知らない者か、そもそも「汝自身を知れ」というワードを聞いたことのない者か、そのいずれかに限る。

 むしろ良いではないか。現代の情報の荒波に押し流され、自分という錨を下ろすことも出来ずに揺蕩っている不安定な若者にとって、彼の歌詞はそれこそ精神安定剤となるであろう。

 

 確かに新興宗教というのは多かれ少なかれ資本主義に毒されている側面があり、好ましいとは思えない。が、だからといって意味もなく宗教を糾弾するのは嗤われるべき所業である。宗教法人の悪行と宗教そのものとは区別して考えなければならない。ちなみに、私は藤井風の信ずる宗教を知らない。

2023.02.02(残332日) 約束事における責任論について

2023.02.02(残332日)

 

 

  • 約束事は厳密に:生得的な神経質

 私はたいそう、神経質である。約束事に関して、厳密に、一切不動のところまで決定されていなければ、安心することが出来ない。

 例えば「○時頃に駅集合ね」と言われたらどうするか。普通の人間は当日、それも直前に具体的な待ち合わせ場所を決定することであろう。しかし私はそうではない。前もって、具体的に何時に何駅の何改札。そこまで決める。決めなければ絶対に安心しない。これが私の神経質である。

 いや。厳密に言えば、これが「神経質」であると気づいたのは、ごく最近のことである。誰しも持つありきたりの不安であるとしか思っていなかった。実際には、そうでないらしい。

 

  • 具体例:集合場所はどっちやねん

 ところで、これで最近、困ったことが起きた。

 ある日、私は友人と会食をすることとなった。最初は二人の予定であり、私が現地から直接行きたかったので、待ち合わせ場所も店の前とした。ここで後日、友人から他にも誘いたいと伝えられた。私は当然了承する。グループチャットに招待され、参加した。そしてチャットの内容を見る。すると、なんと店の前ではない、他の集合場所——最寄り駅が伝えられていたのだ。

 さて、私はどうすべきか。神経質な私なので、どちらが正しい集合場所なのか非常に不安になる。どちらが正しいのか聞きたくなってしまう。しかし考えてみれば、友人は家から直接行くとしていたし、他の者も恐らくそうであるのだから、あくまで他の者の集合場所であって、私が店に直接行くという認識は変わっていないのかもしれない。よくよく見れば、集合時間も私と友人との時間より十分ほど早く設定されている。単に私に伝えていないだけで、あくまで私がどこに行くか、という認識は変化していないと考えるのが妥当かもしれない。ただしもちろん、確かではない。

 さて、どうする?

 

  • 私の責任か否か:それだけが問題だ

 ここで私は考えた。

 この場合、考えるべきは何か。私の責任である。この場合、駅に行かず店の前で待っていたとして、私は謗りを受けるだろうか。否。仮に彼らが追及を試みたとしても、私はこう反論できる。お前が伝えていないのが悪い、と。仮に全員が駅に集合する、という認識が私以外で醸成されていたとしても、私は少なくとも事前に店の前で待つと明言し、かつその変更を求められていないのだから、私が責めを負うことはない。疑う余地なく、友人の責任である。

 このように考えて、私は集合場所の確認をしていない。さて、どうなることやら。

2023.02.01(残333日) 俯瞰下手とその対処法について

2023.02.01(残333日)

 

 

  • 俯瞰が苦手な私

 私は俯瞰が苦手だ。大局観というものが、生来的に欠如している。それぞれが切断された事柄に映って見え、全体像を把握することが出来ない。

 例えば将棋。私は将棋がとても弱い。何故か。数手先しか読めないから。数手先において有効である手を連続して打つに過ぎない。当然、数手先において有効であっても数十手先で同様に有効であるとは限らない。むしろ、そうでない場合の方が多い。故に、負ける。

 このように私は大局観というものを持ち合わせていない。日常生活では特に差し障りもないのだが、大いに困ることもある。とりわけ、執筆においては。

 執筆では情景や登場人物の心情に最新の注意を払って書き進めなければならない。故に近視眼的表現に終止しがちなのであるが、本来物語というのは川の流れのようなものであって、時には上流から下流のそのすべてを俯瞰しなければならないこともある。私はこれが出来ない。どうしても川底に沈む石だけを見つめてしまう。これが私の現状における最大の障害である。

 

  • 俯瞰しない俯瞰を!

 では、これにどのように対応するか。現状ではこうだ。

 俯瞰を諦める。

 無論、川は美しく上流から下流に接続されていなければならない。堰き止められては崩壊してしまう。故に俯瞰は最終的に必要とされる。それをいちばん最後に委ねるのだ。

 とりあえず、最低限のプロットを目印に、各箇所を近視眼的にどんどん書き進める。そして最後に読み返し、心情、情景、表現技法、そして全体との連関を俯瞰によって総点検する。

 つまり、書いて、振り返って、直す。これが、俯瞰の出来ない私なりの対処法である。